思考停止のワナ

相変わらずアーバンシティの端っこで埋まってるegoです。こんばんは。

 

どうでもいいこと甚だしいですが、このblog更新時間が夜(夜の定義を21:00-03:00とした場合)でした。

とっても夜型。実直すぎて何にもならない感想を失礼。

 

ところで、今回のテーマは「思考停止」です。

 

egoは、昔も今も思考停止で生きてる節があります。思考停止は無意識や意識下と混同されがちな傾向もあるかもしれませんが、ここでは定義をはっきりさせておきます。

 

kotobank.jp

kotobank.jp

 

みんなお馴染みコトバンクの定義を並べてみました。そもそも「思考停止」の定義はサラッと調べたところ、みつからなかった・・・。明確な定義があって通用する言葉というよりかは、慣習的な文脈が強いのかもしれません。

 

ちょっと仰々しく引用したけれどあえて、「思考停止」という言葉を使って記事を書きます。定義は単純に「モノコトの動機・影響・結果について何も考えてない/何も考えてないように見られる行動をする」で。

 

話を戻しますが、egoが思うにその「思考停止」こそが、egoの人生における諸悪の根源。なのかな。

事実、egoが人生で生んできた数々のやらかし、その大部分は思考停止から派生するモラルの低さや意識の低さから生まれてます。

 

大々的なやらかしとは結びつきませんが思考停止があったからLINEなどでスタンプを送るにしても、TPOや意味なんて考えずにテキトーに送ってたことを思い出しました。

スタンプだけでなく、メッセージやその他もろもろも大体そうです。

 

小学校高学年、校内での学校郵便イベントで学校の友達に葉書を送る場面では

 

「セコムしてますか」

 

これだけ(しかも文字のみ)を書いた葉書を隣のクラスの旧友に向けて投函したところ、先生に呼び出されて怒られました。

正直何にも考えてませんでした。当時、そのフレーズが巷で流行ってたのかな。

これに関しては、何がいけなかったのかいまだによくわかりません。

誰かえらい人教えて下さい。

 

他には、小学校中学年〜高学年で仲の良い友だち数人と俗に言う「交換日記」をしていました。しかし、egoが書く文章内容があまりにも脈絡や因果を無視したランダムな体系のアプローチだったのか

 

「もう少し考えて書きましょう」

 

という若年層の友人同士であまり交わされなさそうな注意勧告を受けました。それも紙面上で。

 

そして、今は少し訓練して全体状況を俯瞰できるようになりましたが、ドラマや映画でよくある感情の伏線なんかも汲み取るのがとても苦手でした。

 

 これ以外にもたくさんあるエピソードの中から、比較的昔で比較的関係者にダメージ及び影響が少ない例を挙げてみました。

とにかく、昔からegoはなんの脈絡もない行動をすることが非常に多かった。中学校の頃なんて廊下や美術室の後ろで踊ってました。なんの動機もなく。今でも当時の友人からフィードバックを受ける機会があるのですが、毎回覚えてないことに直面したりします。

 

何が言いたかったかと言うと、思考停止は恐ろしいよって話です。知らないうちにたくさんの黒歴史ができたり、たくさんの人間関係を壊したり、たくさんの金銭物品を失うこともあります。

 

対策があれば超募集中です。

 

思考停止の渦の真ん中にいるアーメンegoは、今後自分の思考に「なぜ?」を繰り返したり、思考を記録しておくのが重要なのかなって。

 

とりあえずがんぱります。

 

刹那的に消費され続けるコンテンツ

数年前からsns業界の端くれで働いていたego、ふつふつと湧き上がっていた実感がありました。

 

しかし、ずっと長い間、言語化することは難しくて。

それがモチベーションの低下や、"なんとなく"働くのが嫌であるという感想につながっていました。

 

 

そして気づいたのは、そのモヤモヤの正体は"刹那的に消費されるコンテンツ"に対する抵抗に近い感情を源にしていること。

 

例えば、今回は実体験に基づいてinstagram。利用したことがある人が増えてきていると思うので、サービス自体の説明は省きますが。

 

きっかけは、数年前。ひょんなことからInstagramに関する仕事を任されました。そして、あろうことか短期間である程度の成果をあげてしまった。egoは雇われの身なので、それから結構長い間Instagramにまつわるアレコレ担当していました。

 

最初は楽しかったんですよ。もちろん最初は。成果が定性的な指標じゃなくて数値で現れるのって、自分のやったことに対する結果が顕在化して達成感あるじゃないですか。同意を求めるつもりはないですが。

 

それがいつからか、変わったと。

 

流れ作業で"いいね"を押して、発見タブに流れてきた投稿をスワイプして。

タイムラインを通過していくコンテンツが、川を埋め尽くすゴミたちのように見えてしまった。

 

いくら工夫してみても、いくら工数をかけても、なにか逆らえない大きな流れがあるような気がして。

snsの存在意義がリアルタイム性やトレンド性に支えられたものであることは理解しているんですケド。しかし、さまざまなコンテンツが瞬間的に消費されて忘れられ、捨てられていく感覚に慣れてしまったら一種の敗北のような気がするんです。

 

という、皮膚の内側からの抵抗。

 

 

 

 

忘れ物に飽きた

もう、忘れ物に飽きた。

 

 

 

思い返せば小学生の頃、egoは目立った問題児ではないにしろデキる優等生キャラでもなかった。

勉強はそこそこofそこそこ。平均よりちょっと上かな?くらいの凡。

運動はとても微妙、お世辞にも運動神経はよい方ではなかった。

もっとも勉強や運動も微妙なだけなら、成績がちょっと悪いだけで済む。

 

しかし、忘れ物。これである、曲者は。

egoと忘れ物は切っても切り離せない関係にあった。

原因は容易に考えられる。諸々の管理能力の低さ。怠惰。怠惰のスペシャリスト。

 

前日に用意しておけば、何ら問題ない教科書ノート類、

毎朝、時間に追われながらランドセルに詰め込んだ。

 

保護者の人に渡してくださいね、と配られたプリント、

ランドセルの中で小汚い出来損ないの折り紙に化けた。

「どうしてこんなになるの」と何度も言われた。

 

たとえ締め切りがあっても、そもそもの存在さえ忘れた。

体操着、割烹着、宿題、実家の鍵、下履き。これらも忘れ物の常連客だった。

 

ノートは忘れる度に他の科目のノートにつけた。

もとの科目のノートに貼り付けようとページを切り取って、そのページを失くした。

 

何度親の印鑑を捏造したかわからない。

何度親のサインを自分で書いたかわからない。

そして"先生"は小童の小細工くらい見通すのだ。当然怒られる。

 

これは余談だが、自分で着る服を選ぶようになった子供時代、1週間くらい同じ洋服を着るなんてザラだった。そもそも、ランチョンマットや体操着もあまり洗濯に出していなかった。

ここに育児放棄や実家が荒れ放題などというボトルネックは存在しない。

もちろん自分ではそこまで気になっていなかったが、ある日理科室で同卓した女の子に

「〇〇(ego)の匂い、ちょっと苦手なんだよね」と言われた瞬間は、今でも記憶のネガフィルムに焼き付いている。

実際臭かったのかもしれない。そのくらい自己管理能力が乏しかった。

現在どうであるかを棚に上げた物言いだが、三つ子の魂は本当に百まであるらしい。現在もしっかり自己管理能力は欠落している方だ。

 

さて、気が済んだので本題に戻る。

 

「プリントを後ろから回してください」冷や汗が流れ出す。

egoは人の目を気にする内気な子どもだったので、他者評価や外聞が嫌でも気になった。

 

忘れ物をする=ダサい、無能、怒られる行為

 

という認識をしていたので、意地でも忘れていないように振る舞った。

デキないくせにデキない奴だと思われたくなかった。

 

授業中、教科書を忘れても隣人に見せてくれと頼むことは躊躇われた。

自分が忘れておいて、人に迷惑を掛けたくなかった。否、見せてもらう行為は自分の"負け"を宣言したも同然と思っていたのかもしれない。結局、保身だ。

 

 

 

唐突に面白くもなければ何も生み出さないような話を持ち出して申し訳ない。

 

Read more

折角、こんな折なので

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

 

 

細々と壁打ちblogもやっていることだし、

このようなトラディショナルな挨拶をしようと思ったんですが。

 

もう2日でした。とほほ

希4観念

命というのは、尊い

 

健康という枠にはまっていたら

 

血液は勝手に作られる、勝手に呼吸ができる、勝手に歩いて前に進める

 

では

 

なぜ生きているのか

 

命はむつかしい、人の生きる道はむつかしい

 

単純と複雑は表裏一体

 

むつかしい、むつかしい、むつかしい

 

ふと自分に労力を割く

自分に世間で言うところの投資をする

 

これは淵への反抗か

自分が淵に沈まないように

とにかく理由を作る

 

今踏みとどまりこうべを天に伸ばさんとする理由

 

それが関与しない病

それこそが死に至る病である

死に至る病

スクロールの先、膨大な情報と、束になる人びと

 

 

まわる秒針、まわる毒、まわる丸

 

すすむ足音、すすむ筆先、すすむ玉

 

おちる帳、おちる噺、おちる首

 

 

 

義務感と虚無感の境目は、日付変更の音

 

自分の向かう先は何処